待ち惚け

まってるだけだった
どこへもいけなかった